【コラム】「お変わりないですか」

いつも使ってきた言葉を最近使わなくなってきたことに気づく。 やはり情報がメールやFecebookなどで手に入るからなのか、 ニューヨークにいる娘とは毎週 Line で話している。 手紙を書くことも随分と減った。 この挨拶には様々な意味が含まれている。 相手へのまなざし、気遣い、思い遣り。 今年の台風が様々な爪痕を残したように、日本という国は古代から 災害や疫病に見舞われては復興し、たくましく生き抜いてきた。 互いを思いやる言葉にはそんな気持ちが込められている。 何事もなく安泰であることを願い、その思いが挨拶として残ったのだろう。 「おもてなしの心」にも、こうした精神が受け継がれている。 善光寺表参道でギャラリーを経営して、我が店でも、これから参拝する方には 「いってらっしゃいませ」と言い、参拝のお帰りに立ち寄られた方が店を出る時 には「お気をつけお帰りください」と声をかける。 当たり前と思って、言ってきた言葉の中にもそれはあった。 思いがけなく知人に会ったら、「お変わりないですか」と言い、 病気であったと分かれば、「お大事に」と言って分かれてゆく大人を見て育った 私たちがこういう言葉使わなくなったら、その子供たちはどんな風に育つだろうと想像してみる。 今宵は9月15日、満月である。お団子を15個丸めながら、 一個ずつ丸めては、ちょっと指で押して凹ます。 それは私たちが未だ命が満ちていないからという意味だ。 だから、亡くなった方のお供えする時、白米をまん丸に盛るのは、命満ちましたということでお月さまのように盛るのである。 そんなことを私は教えている。 今宵は月を眺めながら、手紙を

©  juuniten All Rights Reserved

  • Instagram Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

十二天

〒380-0802

長野県長野市上松2-19-13

​TEL 026-217-2854