【コラム】穀雨の室礼

四月の室礼 (穀雨) 二十四節気では、4月20日頃を「穀雨」(こくう)と言います。 雨がすべての穀物を潤すから「穀雨」と読んで字の如し。 農業を営む人たちにとって、雨に恵まれるこの季節は収穫の期待にホッとされる季節です。 この季節をそんな思いで感じられるのは、四季のある日本だからこそです。 またの言い方には、「春雨」(はるさめ)。風情のある言い方です。 「三寒四温」とは、「寒の戻り」のように寒くなったり、「小春日和」のように急に暖かくなったりしながら、春から初夏へ移りゆく日本の季節の営みです。 穀雨には、花粉も緩み、目のかゆみやくしゃみに悩む人々には、ホッとされる頃。 それこそが「慈雨」(じう)、優しい雨となり、「菜種梅雨」(なたねつゆ)とは、春雨が長引き菜の花も腐ってしまうほど(くさくさする)の意。 このように、 雨にはこれだけ深くて、多様性に富んだ表現があるのです。中高年では知ってる方も多い言の葉。若い方は、知っておくと、大人たちの一目を集められます。お試しあれ。 さて今月の室礼は、例年より早いお花見も終わり、桜も散って、宴の後の寂しさを形にしましょう。 材料は最近スーパーにも出回っている「ウド」です。 漢字で書いたことありますか? 「独活」と書き、「一人生きる」という意味。この独活が入る容器は、ガラスでも(ビアカップのようなものでも代用)、陶器でもよいのでお花のようにお水を入れて活けます。 そして、「空豆」をお椀に三つほど入れ、独活の前におきましょう。さやの先が天に向かって伸びるので「空豆」といいますが、また他の名称では「天豆」や、サヤが蚕に似ているので「蚕豆」とも書きま

【コラム】花祭り(卯月の室礼)

お釈迦さま(本名:ゴータマ・シッダールダ) 4月8日は仏教の開祖、お釈迦さまの生誕を祝福する仏教行事「灌仏会」(かんぶつえ)があり、明治以降は「花祭り」の名称で親しまれています。 花祭りに草花で飾った「花御堂」を作り、その中に、灌仏桶を入れ、甘茶で満たします。誕生仏の像を中央に安置し、柄杓で甘茶をかけて祝います。 どうしてでしょう?甘茶をかけるなんて? それは、花々の咲き乱れるルンビニの園で釈迦が誕生した時に、天の神々が祝福の花びらを散らし、八大龍王は甘露の雨を降らしたという故事を再現しているからなのです。 なんとも壮大なお祝いです。 そのお参りの仕方は、「誕生仏」の頭上から甘茶を3回かけ、合掌して礼拝します。これを飲むと無病息災でいられるといい目にもよいといわれます。 このお茶で墨を摺り、「千早ふる卯月八日は吉日よ。神さけ虫を成敗するぞ」という言葉を書いて、戸に貼ると子供の「疳の虫避け」になるという言い伝えがあるそうです。お試しあれ。 また、甘茶はユキノシタ科のアマチャやウリ科のアマチャヅルを煎じた飲料で、砂糖入りのお茶ではないのでご注意を。甘くはありません。 花祭りは、お釈迦さまのお誕生を祝うと同時に、我が子がお釈迦さまのように強く、賢く育つように祈る日でもあるのです。アマチャを飲むのは後のお楽しみ!まずは、祈りが先だと子供たちに教えましょう。 「花祭りの室礼」は陶器の大皿に野草の仏の座(少しピンクで見た目地味)を土ごと広げ、真ん中に筍(小さめでいい)を置き、手前に金盞花(キンセンカ)を二輪埋め込みます。筍はお釈迦さまに、仏の座は「お釈迦さまの台座」に見立てます。筍の皮が着

【コラム】清明の室礼

春分より数えて15日目は、二十四節気の「清明」にあたります。 読んで字のごとく、すべてのものが清く明らかに、生き生きとするころを示します。 この「清明」の由来は古代中国、唐代以降の習俗が原点となっています。 中国では、春の新緑への憧れから、先祖の墓参りを口実に郊外に出かけ酒宴に興じたのが習慣化し、野遊びを楽しみました。 これを「踏青」と言って、春の青草を踏んだことに由来します。 まさに現在の「お花見」に通じ、長い冬から解放された日本人が桜の下で酒宴を開くのもここに原点があるのかもしれません。 清明は春の季語でもあります。 手紙の書き出しも(清明の候)、また「青草」とは、春に萌え出た若草のことです。 春の色を「青」とするのは、中国の「五行説」という思想に、春を「青」で示したことから、緑を指して「青」というのです。 緑なのに「青葉」、「青によし奈良の都」とは、「緑豊かな奈良の都」を言います。信号が緑なのに「青信号」といい、また、「青二才」は若くて未熟者を指します。 「青鞜」を読み解けば、萌出(もえいずる)とは若さを象徴しており、今の流行りの「青春」を「青い春」または「アオハル」というのも、季節に、人の人生を当てはめれば、理解できます。 古代人の感性おそるべし! 室礼は、「清明」の元となった禅語「清浄明潔」を軸にして床の間に掛け、桜の枝を花器にあしらうのもシンプルです。 床の間のないマンションにしつらえるとすれば、玄関の下駄箱の上に緑のフェルトを敷き一升枡を置きます。枡の中に和紙を入れ、中に白とピンクのあられを盛ります。升の後方に一輪差しの黄色の水仙をおけば、水仙の黄色が「太陽」を表

©  juuniten All Rights Reserved

  • Instagram Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

十二天

〒380-0802

長野県長野市上松2-19-13

​TEL 026-217-2854