【コラム】立夏の室礼

立夏(皐月) の室礼 ー端午の節句ー 五月は「皐月」(さつき)ともいいます。 耕作を意味する古語「さ」から、稲作の月として「さつき」になりました。または、早苗(さなえ)を植える月「早苗月(さなえづき)」が略され、「さつき」になったという説もあります。 「早苗」の「さ」も、耕作の「さ」が語源とされます。 漢字の「皐」には「神に捧げる稲」の意味があるため、「皐月」が当てられたようです。 今年は5月5日が二十四節気の立夏(りっか)ですが、「夏が立つ」というのは、、夏の始まりをあらわします。 立春、立夏、立秋、立冬とありますが、それぞれ4つの季節の始まりの名称です。 四季のはっきりした日本ならではの言い方です。 初夏の日差しに、緑が深まり心も体も開放される季節、今回の室礼テーマは、 五節句のひとつ「端午の節句(たんごのせっく)」です。 *五節句(1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日) 端午(たんご)の「端」は物の端(はし)、つまり始まりを意味し、「午」(ご)とは午の日(うまのひ)、「月初の午の日(5日)」という意味です。 古代中国では、旧暦(明治以前の暦)の五月は物忌(ものいみ)の月とされ、なかでも五月五日は「五」という数字が重なるので、「重五(じゅうご) 」と呼ばれ「邪気を払う行事」がおこなわれました。 *重日思想(じゅうじつしそう) 同じ数字が重なることを不吉(いつもと違う)として、邪気を払い、祝うことで「吉」にしてしまう思想。五節句のこと。 1、3、5、7、9、この5つの数字は「奇数」。割り切れない数字=強い数字となり、五節句として定着しました。 邪気を払う薬草として

【コラム】八十八夜の室礼

五月のコラム「八十八夜」 「♪〜夏も近づく八十八夜(はちじゅうはちや)〜」 日本人なら誰でも口ずさめる歌八十八夜。 日本には暦日(れきじつ)といって、二十四節気や五節句(ごせっく)の他に、雑節(ざっせつ)という暦で定められた特別な暦日があります。 八十八夜はその雑節(ざっせつ)の一つです。 季節の移り変わりをより的確につかむために設けられた特別な日です。 二十四節気の立春(りっしゅん)から88日目を八十八夜(はちじゅうはちや)といいます。 春から夏に移り変わる節目の日、夏の準備を始める日でもあり、縁起のいい日といわれます。 農家では八十八夜を過ぎれば、初夏の頃に降りる霜=晩霜(ばんそう)も終わり、気候も安定してくることから、種まき、や茶摘みなど「農作業開始の基準」としています。 今年は5月2日(水曜)です。 ところで、立春から、88日目を八十八「夜」と言いますが、どうして「夜」にしたのでしょう? それには事情?があるのです。 日本では明治5年(1872年)に改暦が行われ、それまでは月の満ち欠けを基準に考える「太陰歴」が使われてきましたが、「改暦」に寄って、「太陽歴・グレゴリオ暦」という暦になりました。 しかし、雑節は明治以前から月の満ち欠けを基準としていたため「立春から88回の夜」と考えたようです。 日本は月が好きなのでしょう。月の歌も沢山あります。 さて、いち早く芽吹いた茶葉を収穫して作ったお茶を「新茶・一番茶」といいます。 後で摘まれるお茶より栄養価が高いといわれ、そのため「新茶を飲むと病気にならない」とか、「八十八夜に積まれたお茶を飲むと長生きする」などと伝説化されたよう

©  juuniten All Rights Reserved

  • Instagram Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

十二天

〒380-0802

長野県長野市上松2-19-13

​TEL 026-217-2854