【コラム】夏至の室礼

6月21日 夏至の室礼(げしのしつらい) 一年で最も昼の時間が長く、夜が短いのが、二十四節気の「夏至」になります。 6月21日、今日この日を過ぎると本格的な夏がやってきます。昨夜も7時ごろまで明るく、夏の到来を感じました。 夏至は、太陽の通る道が一年の中で一番北になるため、太陽が出ている時間が長くなるのです。太陽の動きを基準とするため、毎年同じ日が夏至になるわけではなく、今年は6月21日になります。 これに対応するのが「冬至」。一年で最も夜の長さが長く、昼が短くなります。夜の長さが5時間も違うのです。それで「秋の夜長(よなが)」 というのです。だから、短くて開けやすい夏の夜を「短夜」(みじかよ) というのでしょう。 今年はつい最近の大阪の地震があったり、災害は毎年のように日本を席巻します。地震があれば、「梅雨」真っ最中の今、その状況は深刻化します。 古代日本の人々は、天気予報もない時代にどれほどの不安と恐怖を感じていたことでしょう。「室礼」とはそんな不安を「願い」として「祈りの空間」を作り、神に無事安泰を祈願したのです。 今日「夏至の日」は、世界各地で「夏至祭」が行われれます。日本では、三重県にある二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)で行われます。 二見興玉神社では、夏至の前後一ヶ月のみ、朝日が夫婦岩の間から上るそうです。「夏至祭」では一年のうちで、太陽のエネルギーが最もあふれる夏至の日に、夫婦岩のちょうど真ん中から差し上る朝日を浴びながら禊がおこなわれます。 今回の「夏至の室礼」では、古代からの先人に習い、「水晶」を「太陽」に見立て、「セレナイトの原石」と「化石」を、伊勢の

【ご案内】「門前町家ぎゃらりぃ十二天」閉店について

「門前町家ぎゃらりぃ十二天」は、2018年5月20日をもちまして閉店いたしました。これまでのご愛顧まことにありがとうございます。​なお、墨画・墨絵ならびに室礼については引き続きサービス提供いたしておりますので、お電話またはメールにてご連絡ください。​今後とも引き続きよろしくお願い

【コラム】芒種の室礼

毎年6月6日ごろから20日頃次の節季 「夏至」 までの期間を芒種といいます。 「芒種」 とは聞きなれない言葉です。 まず、芒(ぼう)とは、米や麦などのイネ科の植物のことで、針のように先端が細く伸びている様を表します。 また、種(しゅ)は、種を植える、栽培する、実りを取り込むという意味が重なりあっています。「芒種」は「芒のあるイネ科の植物を植える時期」又は「実りを取り込むこと」 の意味となります。 「6月はすでに田植えが終わっているのに?」と思われるのは当然で、本来旧暦なら、4月末から5月初旬のこと。新暦では6月になり、一か月のズレがあるのです。 今年の芒種は6月6日、旧暦の4月23日にあたります。あまり深入りすると、室礼に辿りつかないので暦はまた別のお話。 そこで、「芒種のしつらい」 には、梅と枇杷(びわ)と早苗(さなえ)を使います。 *早苗はホームセンターで、「ねこ草」といえば200円程で(税込)売ってます。枇杷は旬の果実。スーパーで400円ぐらい(税込)で買えます。 枇杷は夏に取れる果実であることから、室礼では大成(たいせい)といいます。「大きく成ること」とは、人として大成功する。出世するという意味になります。 梅は梅雨(つゆ)の時期、季節を表し、稲(イネ)は田植えを表します。梅は葉っぱごと取り、少し散髪してあげ、虫食いを少し残し落とします。 風情を残し、自然のまま、実もつけて、大きなガラスの器などに入れ、先の切り口が隠れるくらいに水をいれます。 枇杷は扱いに気をつけて。柔らかく傷つきやすい果物なので、最後にしつらえます。 いただいたものがあればラッキー!お庭になっていれば

©  juuniten All Rights Reserved

  • Instagram Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

十二天

〒380-0802

長野県長野市上松2-19-13

​TEL 026-217-2854