【書】紘山の「大暑」

一年中で一番暑いこの時。 清墨の墨を摺る度合いもなぜかしら力が入らず、にじみが強く出てしまいました。 和紙は島根の石見、石州和紙。 暑さに負けず、無理をなさらず! #書画 #大暑 #二十四節気 #お知らせ

【コラム】大暑の室礼

「大暑」 一年で最も暑い酷暑の時期。 梅雨も明け、この日から立秋までの15日間が大暑となります。 農家にとって、7月23日頃は、農作業の辛い節目の日。今年の大暑の日、広島や岡山など、災害後の炎天下での後始末で大変な状況になっています。連日、熱中症が心配されます。 そこで、今回の室礼は、『水』をテーマにします。 前回の七夕は、『浄めの水』 がテーマでしたが、この暑さに少しでも雨が欲しい日本です。 多過ぎては、先日の災害につながるので、『お湿りの雨』 をテーマにします。 二本の箸を敷き、その上に小さな容器、ガラスでも陶器でもいいので、水を入れ、小さな籠に入れて、箸の上におきます。 『二本の箸』 を『日本』に見立て、「雨が降ってきますように」 願いをかけます。この願いがすくい取ってもらえるように、籠に入れます。そして、この『籠』という字に仕掛けがあります。竹冠に『龍』となるので、『龍神に願いを救い取ってもらう』ことを表します。 室礼が、「言葉を盛ること」という意味がここにあるのです。 「お湿りの雨」が降りますように、(広島や岡山、愛媛の方々のために)手を合わせ、祈りたいと思います。 【室礼(しつらい)とは、3つの調和で成り立つ】 1)いつ?季節(二十四節季) 2)どこで?(家、仕事場) 3)何を誰のために祈るか?(自分の家族、友人、お客様) #大暑 #室礼 #お知らせ #二十四節気

【コラム】小暑の室礼

「小暑ー七夕の室礼ー」 梅雨が明けたかと思ったら、まだまだ明けきってはいないようです。 日本中が雨の被害で泣いている。記録的な大雨が続きます。 長野市は山に囲まれているせいか、いつもは台風も被害はそれほどではないのに、今回は様子が違います。それでも山に囲まれたありがたい地形です。 ニュースを見るたびに、各地の被害に遭われた方々の不安が早く安堵されることを心から祈ります。梅雨明けて、空が晴れ渡る日を待ちわび、手を合わせます。 そして、今日は七夕です。 長野など地方では8月7日が七夕行事。 昨日は善光寺大門の「ももとせ」さんの二階でワークショップでした。 「門前の手習い」と題して始まったばかりのこちら「ももとせ」さん。古くからのお蕎麦屋さんから、新たに「ももとせ」として今年の3月にリニュアールしたお蕎麦屋さんです。 角地のよさで、善光寺の仲見世通りの一等地。松の緑が鮮やかに、窓から見える景色は雨上がりのせいか、木々の緑が目に鮮やかでした。室内も明るく、おしゃれなカフェのようなインテリア。 一階はひっきりなしのお客様です。二階は静かで、窓が大きいせいか、善光寺の参道が見渡せて素敵です。 10時に始まり、参加者は6人ほどで少ない。昨夜の災害警報で来られない方も多いようです。 室礼は、「目に見えない神や先祖の霊をもてなし、祀る」という話からはじまりました。 ところで、6月30日に「夏越の祓い」が全国の神社で行われました。私はいつも西宮神社で大祓をします。 人形(ひとがた)に切った和紙に名前を書き、体の具合の悪いところを撫で、神社で祓い浄め、海に流します。 半年の穢れを「水」で祓ったのです

©  juuniten All Rights Reserved

  • Instagram Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

十二天

〒380-0802

長野県長野市上松2-19-13

​TEL 026-217-2854