【コラム】処暑の室礼

「処暑」とは、二十四節気のひとつ 二十四節気とは季節の変わり目の目安となるもので、春夏秋冬4つの季節をより細かく24分割し、それぞれに名称を付けたもの。春分や秋分、冬至や夏至なども二十四節気です。 処暑は例年8月23日頃になります。 二十四節気には期間を表す意味もあり、8月23日頃から次の二十四節気である「白露」(例年9月8日頃)前日までの期間に関しても「処暑」と呼ばれます。 処暑という言葉ですが「処」とは止まると言う意味で、つまり「ようやく暑さが収まり、和らいでくる頃」を意味しています。まだまだ日中は暑くても、夕方の風が秋めいて涼しく感じ、夜風に思わずタオルケットを手繰り寄せる今日この頃です。 やっと一息つける頃ですが、台風が上陸しやすい時期、収穫を迎える農家にとって農作物の被害が気になる時期でもあります。 今年の暑さは異常でした。秋の訪れが待ち遠しいですね。 処暑の頃に吹く風は「送南風(おくれまぜ)」と呼ばれ、お盆の精霊を見送った後に、夏の終わりを告げるように吹く南風のことを言います。ちなみに、秋の始まりの合図でもあるのです。これより前に、精霊を迎え入れるためにお盆の時期に吹く風は「盆東風(ぼんごち)」と呼ばれました。 ところで、残暑見舞いは出されましたか? 「立秋」(8 月7 日)を過ぎて出すのが「残暑見舞い」です。「暦の上では秋(立秋)ですが、‥」と書くのはそのため。お盆を過ぎてから出しても大丈夫ですが、8月中には出しましょう。 今回の「処暑」の室礼は、稲の実りを「予祝」して、稲穂を使います。暑さや台風にもめげず、実りの穂をつけた「収穫」を祝います。 1.手ぬぐいのお多

【コラム】立秋の室礼

今日8月7日は二十四節気では「立秋」。 この日より、次の「処暑」(しょしょ)前日までの期間を指します。 昨日長野では、夕方の雨で、久しぶりの「お湿り」でした。今朝の空気が昨日と少し違うのも、やはり、大暑から立秋へと変わったからでしょうか? 今年は「災害」のニュースで「酷暑の夏」が連日報じられていたせいか、昨日の雨がなおのこと「立秋」の文字と重なったのでしょう。 また来る台風、時に災害をもたらしはするけれど、日本人はその都度立ち上がってきた民族であることを日々感じます。 この時期の便りは、「暑中お見舞い申し上げます」が「残暑お見舞い申し上げます」に変わります。 「暦の上では立秋ですが、残暑厳しい毎日、、、」と暑さが残りながらも、「目にはさやかと見えねども」秋の気配が少しだけ、朝起きた時に感じられます。 七十二候では、①「涼風至」(すずかぜいたる)夕方になく虫の音にも秋を感じます。 昨日の甲子園もその一つ。夏の風物詩として、暑さはピーク。終わるとともに、「お盆」、 「送り盆」を過ぎれば、すでに秋の気配が濃くなり始め、日中の残暑はあるものの朝晩は過ごしやすくなります。 二十四節気も七十二候も日本人にとって大切な季節感です。意識してみるのも心にお湿りが残るでしょう。 送り盆過ぎれば、七十二候の②「寒蝉鳴」(ひぐらしなく)夏を惜しむかのようにヒグラシが鳴き、夏の終わりを告げるのです。 今回の室礼は「立秋」、「過ぎ行く夏」と「迎える秋」を青紅葉で表現してみます。 まだ「青い」のに「紅葉」ということで残暑を表し、「桔梗」は七夕で牽牛をあらわすので、陰暦の「七夕」に見立て「家族に会うこと」を見

【ご案内】8月1日OPEN 座・十二天

座・十二天の夏カフェ 再OPEN古い町屋の中は、夏には最適な涼しさ。ひんやりとした涼感の中でお抹茶やおいしい珈琲を頂きながらのひと時が、あと一息の仕事に力を与えます。【営業時間】​火曜日~日曜日 11:00~17:00​​​※9月から貸しスペースもスタートいたします。

©  juuniten All Rights Reserved

  • Instagram Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

十二天

〒380-0802

長野県長野市上松2-19-13

​TEL 026-217-2854