【コラム】秋分の室礼

秋分の室礼 さて、昼と夜がほぼ同じ長さになる今日を「秋分の日」ということ、知っていましたか?または、「秋の彼岸」とこの時期を呼びます。ボーっとしていたら、チコちゃんに叱られるから、少し学んでみましょう! 今年の秋分は本日、9月23日(日曜)で、毎年祝日になる23日前後となります。この日にお墓詣りするのは、ご先祖を敬う祝日だからです。 最近クイズでよくでるのが、「おはぎとぼた餅」。どちらも同じものなのに、春は牡丹の花にちなみ「ぼた餅」、秋には萩の花が小豆の豆ににていることから「おはぎ」と言います。「秋分」「秋の彼岸」「ご先祖」「中秋の名月」「おはぎ」この言の葉がテーマになります。 日本人の言葉の繊細さが感じられますね。そして、「寒さ暑さも彼岸まで」の言葉通り、朝晩の寒さを感じられ、そろそろ冬物の衣料を取り出したくなります。 室礼は秋分の日の24日が「中秋の名月」なので、今回のお道具は「月と兎」を使います。 月の墨絵、山上紘山作を掛けます。その前に、白磁の丸い花器を月にみたて、野山の花を活けます。左手前に兎の置物(この兎は昭和の作家の作品)を置いて、「中秋の名月」とします。兎は陶器や木彫、銅など素材は様々あります。掛ける絵や書の大きさのバランスをよく見て、絵と兎を少し遠めに見て確認します。掛ける絵や書もご先祖の残されたものなら尚喜ばれます。月を眺め、ご先祖を敬う(敬老の日)九月、しみじみ熱燗が美味い。 今宵、あなたの秋の夜をお楽しみください。 「名月や池を巡りて夜もすがら」 【室礼(しつらい)とは、3つの調和で成り立つ】 1)いつ?季節(二十四節季) 2)どこで?(家、仕事場) 3

【書】紘山の「白露」

書墨(白露)と芭蕉の俳句「白露も こぼさぬ 萩の うねりかな」です。 秋もそろそろ本番、萩の花が咲きはじめました。 #白露 #書 #二十四節気 #お知らせ

【コラム】白露の室礼

二十四節気の15 番目、白露は9月8日から。 朝晩涼しくなりました。 草花に朝露がつく頃、秋を感じる室礼です。 園芸用の水からできた玉を使います。 朝に取った葛の葉にこの玉を転がすだけのシンプルな室礼です。 白露なだけに白いテーブルの上に葉を敷き、壁には山上紘山の書画一茶の俳句 「そば時や、月のしなのの 善光寺」 を掛けました。 十五夜間近の白露の室礼、ビー玉でも大丈夫です。 初秋の空間演出お楽しみください。 【室礼(しつらい)とは、3つの調和で成り立つ】 1)いつ?季節(二十四節季) 2)どこで?(家、仕事場) 3)何を誰のために祈るか?(自分の家族、友人、お客様) #室礼 #白露 #二十四節気 #お知らせ

©  juuniten All Rights Reserved

  • Instagram Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

十二天

〒380-0802

長野県長野市上松2-19-13

​TEL 026-217-2854