【コラム】冬至の室礼

冬至の室礼 本日、12月22日は『冬至』。 昼間の日照時間が短くなり、太陽の力が弱まります。しかし冬至を境にまた再び蘇ります。このことを「一陽来復」といいます。冬至祭として、世界中で太陽の復活を祝います。中国思想の言葉に、「陰極まれば、陽に転ず」とあり、日照時間が少なく運気が下がり詰めた陰の気の冬至は、それを境にまた再び復活して運気が上がり始め、陽の気に戻るとされました。 もうすぐクリスマスですが、クリスマスも冬至と関係が深いのです。古代のミトラ教は太陽神として冬至祭が行われ、後に登場したキリストの降臨が太陽の復活と結びついたようです。伝承には、このように習合しながら、今に残っているものが多いのです。 「冬至」=「一陽来復」=「復活の日」太陽の復活を願う復活祭をテーマにしつらえます。 以下「三つの材料」 【小豆】 この日に小豆粥を食べる風習は、中国から日本に伝わりました。小豆の色は赤いので「悪霊を払う力」とされ、寒い季節に弱まった「内臓を復活」させようとしたのでしょう。 【かぼちゃ】 また冬至にかぼちゃを食べる「冬至かぼちゃ=小豆とかぼちゃを煮る」風習があります。栄養価が高く、黄色が「魔除け」とされることから、定着したようです。 【柚子】 柚子湯に入るのも、この時期ならではの癒しの風習です。 今回の「一陽来復の室礼」は、古代からの「3つの知恵」を空間に取り入れます。 黒い長板の上に、かぼちゃと柚子とワイングラスに入った小豆を置きます。ワイングラスが人の体と見立て、その柚子を3個と赤いクリスマスの飾りのボールを1個(太陽に見立てる)ガラスの器(白い器でもOK)に入れて、ゆず湯に見

【ご案内】店舗閉店ならびに今後の対応

和・坐十二天は12月20にて閉店いたしました。長い間のご愛顧まことにありがとうございました。 なお、書、室礼などのサービス、セミナーは引き続きおこなっておりますので、ご依頼等ございましたらお電話にてご連絡ください。 026-217-2854 #あいさつ #営業 #お知らせ

【コラム】大雪の室礼

大雪の室礼 二十四節気も春から冬になり、12月7日から10日までの間が 『大雪』 です。 *「たいせつ」と読みます。 この時期は寒さも極まり、雪がたくさん降ります。実際には正月明けに積もりますが、七十二候では、この期間を「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる))といい、天地の気が塞がれ冬と成ることとします。 このように、小雪、大雪と続き、冬至に至り、冬が極まります。今風に言えば、超寒い季節が来て、1月から少しずつ春に近づく頃をいうのです。 それは毎年繰り返し、1年も毎日を繰り返しての日々。つまりは、私たちの毎日は循環しながら、updateし続けているのです。繰り返しながら、進化するのです。 さて、今回の室礼は『大雪』を『大切』と置き換えて、日々の繰り返しの中の冬を考えてみました。 人生の中の繰り返し起きる苦しい時期が冬としたら、その冬は何のためにあるのでしょう?誰にも会いたくないほど苦しい時、どこにも居場所がないそんな時、じっと自分を見つめるその「塞がれた空間」が冬であるとしたら?愛する友や家族がその冬の中のいたとしたら?声に出さない応援をしましょう。 日々の流れから離れ一人になることで人は成長します。考えること、苦しむことで、変化し、再生します。まさにupdateです。 冬の大地は、雪の下じっと春を待ちます。その苦しみの解放が春なのです。 冬は「大切な心の季節」 私たちの大切な人たちが 人生の冬を迎えたときの室礼です。 自分自身にもできる「春を迎える祈りの室礼」 蓋物のガラスの容器の中に白い布を軽くフワリと入れます。白い布の中に、クリスマスに使っだ赤い玉をそっと入れておきます。 そ

【書】紘山の「大雪」

「大雪」の書と俳句です。 今年は初雪の便りが遅く、長野は12月、とっくに雪が降ってるはずなのにまだ初雪はありません。 この時期の雪は「ぼたん雪」とも言い、まさに「ふうわり」一茶の俳句の世界です。 #二十四節気 #大雪 #お知らせ

【イベント】えびす講大蔵ざらえを開催します(11/17~25開催)

※20日(水)21日(木)22日(金)はお休みです。 ​ 一年の感謝を込めて! 骨董・家具・古民具・着物・帯・藍染布。はぎれなど、ハンパもの大放出! お買い得品多数取り揃えて、お値引き価格で皆様をお待ちしております。 #えびす講大蔵ざらえ #イベント #お知らせ

©  juuniten All Rights Reserved

  • Instagram Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

十二天

〒380-0802

長野県長野市上松2-19-13

​TEL 026-217-2854