2019-10-25

「雑節」(ざっせつ)とはなんですか? 日々の生活にとって、暦は時間的基準であり、言い換えれば、時の流れを数え、時間の経過を知るための物差しを意味します。太陽の出没により、1日というものを割り出し月の満ち欠けによって1ヶ月という大きな単位を計り、季節なり時間なりをしるしたものです。 暦のことを「日読み(ひよみ)」ともいい

2019-10-16

最近流行りの「おもてなし」ですが、この意味を知って使っているかは疑問です。何だかホテルのサービスと勘違いされているようなので、室礼との関係をいう前に、まずは「おもてなし」の意味を認識してみましょう。 「おもてなし」を検索すると、語源より ⑴ 「もてなし」の丁寧語、その語源は「物事を持って成し遂げる」の意 ⑵ 「表裏無し

2019-9-26

さて残暑も台風と共に去り、23日を過ぎ、いよいよ秋風冷たく、過ごしやすくなりました。 山上家の庭には、お彼岸を過ぎると、必ず赤い花が咲きます。 彼岸花または曼珠沙華(まんじゅしゃげ)、二つの名を持つ花が今年も「秋の彼岸」を告げます。 以前「二十四節気とは?」で日本の四季と暦の関係性をお話しました。二十四節気より聞きな

2019-9-09

9月7日〜9月21日頃を「白露」(はくろ)と言い、大気が冷えてきて、草葉に朝露がつき始める頃。季節は本格的に「秋」へと移り変わります。 9月23日頃になると、昼と夜との長さがほぼ等しくなります。秋の彼岸の中日でもあり、「暑さ寒さも彼岸まで」と昔の人が言ってきたように、暑さが一段落してしのぎやすくなります 。 この頃の

2019-8-01

七夕御膳 今回は「七夕の室礼」の補講です。 前回は新暦七夕ですが、今回は旧暦での「行事食のレシピ」長野市中央通では、七夕行事を行います。子供達の願いを私たち大人も願いが叶うよう祈ってあげましょう! レシピは少々手抜き(今は時短という)して、お仕事の忙しい方たちのために作りました。ご参考にしてください。あくまでも参考です

2019-7-07

室礼ブログ「7月の室礼」

夜空を見上げ、天の川を渡り、彦星と織姫が会える日7月7日、七夕の日。

愛し合うあまり、仕事がおろそかになり、天帝の怒りをかったふたりは天の川を挟み引き裂かれました。

毎年七夕の日だけは、鵲(かささぎ)が羽を広げ会うことができた「かささぎ橋伝説」。

その伝説が中国から日本に入ってきた奈良〜平安時代。

元々、古来の日本にあった「旧暦の梅雨明...

2019-6-17

山上紘山仏像画の販売しています。 こちらからどうぞ。 https://juuniten.thebase.in/categories/1779145

2019-6-11

「二十四節気とはなにか?」 室礼にとって、「二十四節気」とは。 農業や漁業の生活が中心だった日本にとって、「春夏秋冬の移り変わり」と「日々の暮らし」は深く関わっていました。古代より季節を愛でる感覚は、暦にも現れています。 毎年かける新しいカレンダーに「二十四節気」と「行事」やその日が「大安」か「仏滅」か?実に多くのこと

2019-6-07

6月より長野市内の藤田九衛門商店と寿ゞき茶園で販売を開始しました。店舗にてお買い求めいただけるようになりました。 併せて通信販売も行っております。 https://www.juuniten.com/gallery

2019-5-29

長野県長野市出身の駒澤琛道氏が、20年撮り続けた女優・市原悦子の舞台名場面を集めた写真集「変化自在」を通販サイトにて発売しております。

送料込み900円で販売いたしております。

詳しくはこちら

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索