2018-10-07

 旧暦の9月上旬頃、新暦10月8日、9日頃を 『寒露』 といい、この頃になると、野草に宿る冷たい露が霜に変わります。

 台風による長雨が明け、秋晴れの日が続くようになるころ、野山は晩秋の彩りを濃くし朝晩に寒さを感じます。「秋の日はつるべ落とし」 という言葉も、日が短くなり、太陽があっという間に沈んでしまうことから言います。

 「山装う(やまよそおう)」 と...

2018-10-07

朝夕の冷え込みが少しずつですが厳しく感じる頃、「寒露」を鋭い文字の楷書崩しで表しました。


俳句は一茶の「今日からは  日本の雁ぞ  楽に寝よ」です。

ツバメと入れ替わりに冬鳥のガンが日本に渡って来る、毎年忘れずに飛来する、なんとけなげで可愛いのだろう!

そんな一茶の優しさを感じます。

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Instagramの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square