【コラム】善光寺表参道に春が来る

February 1, 2017

ぎゃらりー十二天の『節分と立春の室礼』

 

冬から春への季節のわかれめを節分といいます。

 

『せちわかれ』ともいい、かっては立夏、立秋、立冬とありましたが、室町時代からは立春の節分行事のみ残りました。


豆まきは遣唐使によって、中国からもたらされ、宮中儀式が民間に広がりました。
季節や年の変わり目に悪霊が入って来るのを追い払い、様々な疫害を払ってしまおうとしました。


十二天の室礼は、鬼の面とおかめの面を使います。

まず、真ん中の鬼の面の角を玄関に向かって置き、(鬼が出て行くように)顔の上に「すりこぎ」を置きます。


この時、棒は「当たり棒」と言い換えます。擦るとは無くなるから。棒は鬼が嫌う臭いの山椒の木。

 

そして鬼の嫌いなうるめを、三本を升に盛った豆の上に刺します。

柊を刺しているのは、柊、木偏に冬の意味。つまり、当たり棒で鬼をやっつけるとは、鬼と柊を「冬」に見立てて、追い出す様を表現し、豆撒きは追い出し、豆を撒いて、春が芽吹く様を表現します。

 

 

 

 

まさに春よ来い。

 

この時期の寒さを吹き飛ばそうとする古代日本人の知恵なのです。

 

 

追い出され、逃げる鬼とを人形で、追い出されて、後ろ姿の鬼の手ぬぐいで出て行ったとします。
そして、右の帯は春の花々、小さなお多福の面は、まだ、春は小さいが、その訪れを待ちわびていることを表現しました。

 

 

この室礼をが、メモしている方々に、お声かけて室礼談義に花を咲かすことも多い今日この頃です。

 

 

みなさまもお出掛けください。

 

 

灯明まつりの間は立春の室礼。

終われば、お雛様の室礼に変わります。

 


来たる春の室礼をお楽しみください。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square