【コラム】小暑-七夕の室礼

July 6, 2017

暑さが増してくる時期、毎年7月7日の頃を「小暑」(しょうしょ)いい、夏の始まりの合図のようなものです。

 

この時期は梅雨の最盛期でもあり、豪雨に見舞われる地域は水害に苦しみます。

 

まさに今です。

 

連日のニュースで出雲地方、九州大分の様子は、毎年のこととはいえ、当事者の苦しみを思うと胸が痛みます。

 

そして7月の七夕を過ぎて、やっと梅雨も明け本格的な暑さを迎えます。

七夕に願いをかけるのも、災害を乗り越えた人の思いがそこにあるからなのでしょう。

 

このように「小暑」は二十四節気の「大暑」(たいしょ)の前日までの15日間を指します。

 

 

 

さて、七夕と言えば「牽牛(けんぎゅう)と織姫」ですが、まさにテーマが、「星に願いを」と「「愛逢月(めであいづき)」です。

 

 

室礼では大きめの器(陶器かガラス)に水を張り、縁側や軒下に置きます。その水面に二星がうつれば願い事が叶うという「星写し伝説」があります。

 

 

私の七夕室礼は、器に水を張り、白木の長箸を器の両端に掛け、「橋(箸)をかける」とします。

 

これを「見立てる」といって、落語などで、扇子をお箸に見立てる様子を思い出してください。

箸をかけることで、男女が出会うことを示します。

 

また、織姫と彦星が出会うこの時を「愛逢月」(めであいづき)といい、七夕を表します。

 

ロマンチックな言の葉ですね。

俳句や短歌、和歌などにも出てきます。

 

小満の頃と覚えておきましょう。

 

会いたい人がいる幸せは、昔も今も変わりません。

 

星写しの室礼の仕上げに、お箸の真ん中に赤い紐を結んで「結ばれる」とすれば、最高!ハッピーエンドの願いごとに最適です。

 

また、願いが「就職や仕事」に関してであれば、ざるや木のお玉の上に、なりたい職業を象徴するものを置きましょう。

 

例えば、ざるの上に「はさみ」で「美容師」に。

または、木のお玉の上に「ミニカー」で「レーサー」になど。

 

「願いを掬い取る」から、「ざるやお玉」なのです。

応用して、家族や友人の思いを七夕で演出してみましょう。

 

 

「人を思う心」が子供やお孫さんに届きますように。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square