【コラム】夏至の室礼

June 20, 2017

「夏に至る」とは、文字どおり「これから本格的な夏が始まるということ」であり、

一年で最も最も昼の時間が長く夜が短いころのこと。

 

 秋の夜長に対して、夏の夜は「短夜」と呼ばれ、短く、開けやすく、

夏至と冬至では夜の長さが5時間もちがうそうです。

 

 四季の中でも、この時期は梅雨。

 

 

 

 旧暦5月に減り続く長雨のことなのですが、今年の梅雨はなかなか雨が降りません。

 

気になるところは、水不足で野菜の高騰、私たちの食卓に影響を与えます。

天気が良いのはありがたくても、やはり、季節の流れはいつもどおりが嬉しいものです。

 

 

 五月雨(さみだれ)という言葉は「皐月(さつき)」の「さ」に、

「雨」を表す「水垂れ」が合わさって、「五月雨(さみだれ)」になったとか。

 

それが明ければ、「五月晴れ(さつきばれ)」。

 

人生にもそんな時があります。

何をやっても駄目な時、いつか晴れる「五月晴れ(さつきばれ)」の日を待つ時、

季節が巡ることを祈ったのでしょう。

 

 

 季節の天気の様に、何が起こるか分からない私たちの日常。

穏やかに過ごせるように祈りん込めて、「祭り」や「行事」が行われてきたことに

思いを寄せて、来る夏を迎えたいものです

 

 

 6月の大祓、7月の七夕も、お盆を前に祓い清め、ご先祖さまが帰られる

お盆の準備をするのです。

 

 

日本の夏の祈りは奥が深く、節目を大切にすることを教えてくれます。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square